基本的に症状の進行は30歳頃から引き起こされますが、10代の未成年はプロペシアを処方できないと定められているので注意が必要です。プロペシアを服用することで薄毛の引き金となるDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させる還元酵素を抑制できることはどの年齢でも一緒で、長期間に渡って服用することで若干ずつ働きかけてくれるのです。

 

唯髪の毛のボリュームが落ちてきた段階で使用するのと、生え際の後退や頭頂部のハゲが激しく進行した状態で使用するのとで、大きな違いが生じる事実は若干の考えればお分かり頂けるかもしれません。しかし、年齢を重ねるに連れてAGA(男性型脱毛症)の症状は進行し、対応が遅れるほどプロペシアを飲んでも効き目がなくなってしまいます。

 

気付いた時には手遅れになっている可能性もあるので、AGA(男性型脱毛症)は早めの年齢でケアを行うのが大事だと説明できます。プロペシアは服用する年齢によってはあまり効果が得られないという特徴があり、個人の体質によっても大きな違いが生じております。

 

成長過程にある10代の若者がプロペシアを服用することにより、DHT(ジヒドロテストステロン)の分泌量が減って生殖機能の発達に異常が生じやすいと考えられているので、服用する年齢が早ければ好いという単純な話ではないと説明できます。